アナール学園

不実なる街の住人「アナール学派」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アナール学派、暑い日に辛いカレーを食べる

7351.png

(この画像は某お絵かき掲示板に投稿したものの再利用です)

さて皆さん、本格的に暑い日が続く中、いかがお過ごしでしょうか?

僕はもう、倒れそうです…。
お日様が頭に乗っかり、煮えたぎるアスファルトが靴底を通してヌットリと熱を伝える中、フラフラと歩いていると、思わず「エヘヘ」と不気味な笑みを浮かべそうになります。
いかんいかん!!まだ八月にもなっていないのに、この体たらくでは、きっと秋が来る前に、哀れ晴れの日の雪だるまのように溶けてしまうよ!

そこで僕は、太陽をしっかりとにらみつけて思いました…。
「よし、カレーを食べよう!それもとてつもなく辛いカレーを食べて、この夏を乗り切るパワーを得るんだ!!」
[アナール学派、暑い日に辛いカレーを食べる]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2005/07/24(日) 23:22:55|
  2. 中の人の日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

アナール学派、死ぬまでに言いたいセリフを考える

ゴールデンウィークということで、友人Sが家に遊びに来た。
遊びに来たといっても夜も更けきった頃だったので、さりとて何をするでもなく、俺は生ぬるいビールを飲み、Sは妙に裸の多い雑誌を読んでいた。
コンポからは、当たり障りのないのっぺりとした音楽が流れ、テレビはプロ野球の結果を淡々と映し出していた。部屋にはタバコの煙が満ち、うっすらと霧がかかったようになっており、何の役にも立たない空気清浄機が、まるで悪夢にうなされているかのような音を立てている。テーブルの上には大小様々なビールの空き缶が乱立しており、灰皿からは吸殻があふれかえって黒い灰がこぼれ落ちていた。
その風景は、なんだか独身男の悲哀を濃縮したようなものであり、部屋をそのまま美術館に持って行って『不毛』というタイトルでもつけて飾っておきたいような雰囲気に満ちていた。
[アナール学派、死ぬまでに言いたいセリフを考える]の続きを読む
  1. 2005/05/11(水) 01:00:17|
  2. 中の人の日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アナール学派、本屋に行く

本屋が好きでたまらない。
好きで好きでたまらない。
今日も街に出る機会があったので本屋に行く。
古本屋も入れて、十数件をまわる。
ひたすら歩くので足が痛み、腰までが悲鳴を上げる。
80分のMDが何度か入れ替えられる。
まるで、復讐心に駆られた幽鬼のように、休むことなくただひたすら本屋をめざして人ごみの中を突っ切っていく。
本屋はいつも、圧倒的な感動を私に与えてくれる。
はたして人は一冊の本の中に、どれほどの魂を注ぎ込むのだろう?
[アナール学派、本屋に行く]の続きを読む
  1. 2005/04/04(月) 20:25:42|
  2. 中の人の日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アナール学派、お見舞いに行く

激しく花粉が飛び交う中、鼻水をたらしながら朝一番に病院に向かった。
別に俺が病気になったわけではなく、とある男が入院したので、そのお見舞いだ。その男とは、ひょんな偶然から知り合った昔からの仲だった。
やっとのことで駐車場にスペースを見つけ、そこに車を突っ込んで病院に入る。その病院は古くからあるらしく、意味ありげな陰鬱なシミが壁に無数に浮かび上がり、あらゆる薬のニオイのカクテルが充満していた。パジャマを着、悟りを三回ほど開いたような放心した顔の患者達の間をすり抜けて、男のいる病室に向かう。
[アナール学派、お見舞いに行く]の続きを読む
  1. 2005/04/01(金) 22:34:22|
  2. 中の人の日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。